室内

インテリアテクニックを覚えて部屋をおしゃれにしよう

照明器具の選び方

照明

大手の照明メーカーの一つとしてはコイズミがあります。コイズミは、長年の店舗照明製品の開発によって培った技術を一般住宅の製品づくりにも活かしている会社です。どんな照明を選んだらいいのかわからない方は選択肢の一つとして検討するべきです。

もっと読む

新古品は通販で購入しよう

テーブルと椅子

新しく家具を購入しようと検討中の方に向けて、家具を激安で購入する方法をご紹介しています。実店舗で予算と折り合いのつく製品が見つからないようであれば、ネット通販をチェックしたほうがいいでしょう。色々なサイトで新古品や中古品を激安購入可能です。

もっと読む

インテリアに植物を使おう

観葉植物

観葉植物は一つあるだけで多くのプラス効果をその空間にもたらしてくれるものです。空気を綺麗に保ってくれることはもちろんのこと、ストレスを緩和する効果や目の保養として役立つことも期待することができます。通販サイトを上手に使って目当ての植物を購入しましょう。

もっと読む

部屋のカラーバランス

インテリア

部屋を借りる前は、どうせ住むのならばインテリアにもこだわったおしゃれな部屋にしたいと考えていても実際に部屋を借りて生活を続けるうちにだんだんと物が増えてしまい、生活感の溢れる部屋になってしまいがちです。あれだけ最初は広々としていた部屋もいつのまにか手狭になり、物を収納する場所もなくなっているということはよくあることだと思います。生活を続けながらもちょっとしたインテリアテクニックを覚えるだけで、部屋をおしゃれにみせたり、広く使うことは可能です。ここでは部屋を上手に使うためのインテリアテクニックをまとめてご紹介します。まず、色を整理することで統一感のある空間づくりをすることが大切です。部屋を広々と感じられるようにするには、部屋に使う色をある程度整理することが大切になります。ポイントは同じ空間にたくさんの色種を氾濫させてしまわないようにすることで、一度のあまりにもたくさんの色が目に入ってくると人間は落ち着かない空間だと感じてしまうようになります。最大でも同じ空間で使う色は5種類程度でおさえることで、ごちゃごちゃした印象を与えることなく空間を整理することができるようになるはずです。使う色の種類を決めるときは、床と家具の脚部同士の色を統一したり相性のいい色同士を使ったりするなどワンポイントごとで色のコーディネートを行なうとバランスのいい空間を作ることが可能になります。床から壁を伝い天井にかけてカラーグラデーションを加えるなども広々とした部屋作りに使えるインテリアテクニックになります。